株式会社 技研ホームインスペクション

ホームインスペクション

公正な検査、中立な立場

株式会社技研は国土交通省より指定、登録を受けた「確認検査機関」、「住宅性能評価機関」としてのノウハウを生かし、信頼できる中立性と住宅検査のプロフェッショナルとして、ご依頼いただいたお客様が満足できるサービスをご提供致します。

ホームインスペクションとは

ホームインスペクションとは建築士などの専門家が住宅の欠陥や劣化、補修が必要な箇所があるかを確認する住宅診断サービスです。
ホームインスペクターと呼ばれるプロが調査することにより、建物がどのような状態であるかを把握することができます。
2018年4月から宅建業法の改正により売買時の既存住宅状況調査(建物状況調査)結果の告知義務が始まりました。従前のホームインスペクションは建築士以外でも可能でしたが、既存住宅状況調査では建築士かつ既存住宅状況調査講習を受講しており、建築士事務所に所属している建築士しか業務をおこなうことができないようになっています。

ホームインスペクションの目的

ホームインスペクションは様々な安心をお約束します。
不動産売買時の不安解消、情報格差を無くし様々なトラブルを回避します。
住宅の状態を把握し、事前に修繕の必要性や計画を立てることができます。
買主は購入後のリスク(構造的な欠陥や雨漏れ)を減らすことができます。
リスクが減ることにより、購入後の金銭的な負担が解消されます。
さらにホームインスペクションで保証基準に適合する住宅であれば、既存住宅瑕疵保証への加入が可能となり、最長5年間上限金額1000万円まで構造、雨漏れに対する補修費用の保証を受けることができます。

ホームインスペクションでわかること

ホームインスペクションは大きく2つの項目について調査をおこないます。

構造耐力上主要な部分

基礎、土台及び床組、床、柱及び梁、外壁及び軒裏、バルコニー、内壁、天井、小屋組の劣化状況の調査

雨水の侵入を防止する部分

外壁、軒裏、バルコニー、内壁、天井、小屋組、屋根の漏水状況の調査

調査は原則、目視診断でおこないますが、建物の傾きや、基礎配筋の調査、コンクリートの圧縮強度等、目視診断では調査が困難な箇所に対しては専用の機器を利用して調査を実施します。
​その他にもシロアリ調査、給排水管路調査等のオプション調査も実施します。

お申込みの流れ

ホームインスペクションをご依頼されるにあたって、お申込み流れをご案内します。​

  1. お問い合わせ

    まず初めに気になることは何でも聞いてください。料金の事や調査内容、調査日程等のご相談何でも結構です。
    料金は公開していますが、ご依頼があれば見積書を作成致します。

  2. お申し込み

    申込み書及び必要書類をご準備いただきFAX又は入力フォームで申込書をお送り下さい。
    お申込み内容を確認の上、調査料等ご請求書をメールでお送りさせていただきます。

  3. 日程調整

    申込書にご記入いただいた調査希望日より対応可能なインスペクターをご連絡します。
    インスペクターと直接時間についての詳細な調整をおこなって下さい。

  4. 調査の実施

    調査は原則立ち会いをお願いします。
    ホームインスペクションの結果について、調査実施後に口頭で概要を報告させていただきます。

  5. 調査結果報告

    調査後、2日~3日で調査結果報告書をお届けします。
    内容をご確認いただき、ご不明な点がございましたらお問い合わせください。

検査について

建物の面積や築年数によって所要時間は変わりますが、一般的な住宅の場合にかかる調査時間は以下の通りです。

検査時間 戸建住宅:2時間~3時間
共同住宅(一住戸):1時間~2時間
業務区域 全国

※調査は少なくとも開始時と終了時の立会いが必要です。​もし都合が悪くなった場合は早めにご連絡をお願いします。

必要書類

実際に依頼することになった場合、事前に図面等の資料を準備しておくと手続きがスムーズです。
ホームインスペクションは図面が無くてもできますが、その場合はインスペクターが作図を行うための時間や手間が必要となります。
精度の高いインスペクションが実施できるよう予め、多くの資料をご準備しておくことをお勧めします。

1 住宅地図(現地への訪問や、周辺の状況を確認するために必要です)
2 間取り図(不動産広告用の図面で問題ありませんが、施工時の設計図書があればより詳しく調査を行うことができます)
3 概要書、台帳記載事項証明書等(建物の構造や建築年、階数や延床面積を確認します。また、増築等の有無も確認します)
4 長期修繕計画(マンションが適切に管理されているか確認します)

中古住宅の場合、住宅に関する資料が揃わないことがよくあります。
売主が資料を無くしてしまった場合や、住宅を購入した際に販売業者から設計図書を渡されなかった場合です。しかし、これらの資料は必須ではありません。
ホームインスペクションは目視により調査をおこなう為、全て揃っていなくても調査をおこなう事がで可能です。
資料が揃わない場合は弊社までご相談下さい。

検査対象

屋外 基礎、外壁・軒裏、屋根・雨樋、バルコニー

※検査は目視可能な範囲で行います。

屋内 内壁・柱、天井・小屋組・梁、床、土台・床組

※検査は目視可能な範囲で行います。

その他(オプション)
  • ・設備配管、蟻害調査
  • ・非破壊検査(鉄筋の本数及び間隔、コンクリートの圧縮強度)

検査内容

検査対象住宅に対し、以下の項目について劣化事象等の有無を確認 します。

全部位共通
  • ・著しい蟻害、著しい腐朽・腐食
基礎
  • ・幅0.5mm以上のひび割れ
  • ・深さ20mm以上の欠損
  • ・コンクリー トの著しい劣化
  • ・さび汁を伴うひび割れ、欠損
  • ・鉄筋の露出
外壁・軒裏
  • ・下地まで到達するひび割れ、欠損、浮き、はらみ、剥落。
  • ・複数の仕上げ材にまたがるひび割れ、欠損
  • ・金属の著 しい錆び、化学的侵食
  • ・仕上材の著 しい浮き
  • ・シーリング材や防水層の破断または欠損
  • ・軒裏天井のシーリング材や防水層の破断または欠損
  • ・軒裏天井の雨漏りの跡
  • ・建具や建具廻りの隙間や破損、開閉不良
  • ・建具廻りのシーリング材の破断
屋根
  • ・屋根葺き材の著しい破損、ずれ、ひび割れ、劣化、欠損、浮きまたは剥がれ
  • ・防水層の著しい劣化または水切り金物等の不具合
バルコニー
  • ・支持部材の床の著しいぐらつき、ひび割れまたは劣化
  • ・防水層の著しい劣化
  • ・水切り金物等の不具合
天井・小屋組・梁
  • ・天井下地材まで到達するひび割れ、欠損、浮き、はらみ、剥落
  • ・小屋組・ 梁の著しいひび割れ、劣化または欠損
  • ・梁の著しいたわみ
  • ・天井・小屋組の雨漏れの跡
内壁・柱
  • ・下地材まで到達するひび割れ、欠損、浮き、はらみ、剥落
  • ・6/1000以上の勾配の傾斜
  • ・柱の著しいひび割れ、劣化または欠損
  • ・雨漏れの跡
  • ・著しいひび割れ、劣化または欠損
  • ・著しい沈み
  • ・6/1000以上の勾配の傾斜​
土台・ 床組
  • ・著しいひび割れ、劣化または欠損
設備配管
  • ・給水管・給湯管の発錆による赤水
  • ・給水管・ 給湯管からの漏水
  • ・排水の滞留、排水管の漏水

使用する機材

  • クラックスケール

  • 打診棒

  • コンベックス

  • 鉄筋探査機

  • デジタル水平器

  • 脚立

  • LEDハンドライト

  • シュミットハンマー

  • 水分計

料金

基本検査料(税込)

戸建て
54,000円

※戸建て200㎡以上の建物については16,200円を加算する。

共同住宅(1住戸)
43,200円

※共同住宅(1住戸)100㎡以上の建物については10,800円を加算する。

指摘部位修繕後の住宅保証基準適合確認(税込)

指摘事項再検査料 14,040円​

オプション(同時調査)(税込)

しろあり床下検査 北海道・本州・四国 21,600円、九州・沖縄 37,800円
フラット35検査
(新耐震)
戸建43,200円、マンション27,000円

※一部対応できない地域もございます。詳しくはお問い合わせください。

TOP