株式会社 技研その他

中古住宅購入時の支援制度について(大阪府)

2019/02/21

中古住宅の購入や、リフォームを検討している方向けの補助金・給付金一覧です。
ここに掲載するものが全てではありません。
新築住宅だけではなく、中古住宅購入時にも様々な支援制度があることを知っていただき、お役に立てて下さい。

大阪市 新婚・子育て世帯向け分譲住宅購入融資利子補給制度の概要

市内定住促進のため、新婚世帯(夫婦いずれもが満40歳未満かつ婚姻届出後5年以内の世帯)又は子育て世帯(小学校6年生以下の子どもがいる世帯)を対象に、住宅ローンに対して年0.5%以内(融資利率を上限とします)、5年間の利子補給を行う制度です。
利子補給金は最大約50万円(最大約10万円×5年間)ですが、実際の利子補給金額は、住宅取得にかかる契約の締結日等の条件によって異なります。
※申し込みには要件があります。

詳しくは大阪市のホームページをご確認ください。

高槻市 住宅取得補助金(平成30年度 3世代ファミリー定住支援事業)

この補助金制度では、市外在住の子育て世帯市内在住の親世帯が同居・近居するため市内で持家を取得する場合に、費用の一部を助成します。
(補助金額)
20万円(一戸あたりの上限額)
※住宅の取得に要した費用が上限額を下回る場合は、取得額を上限とします。

詳しくは高槻市のホームページをご確認ください。

枚方市 三世代家族・定住促進補助金(住宅取得・住宅リフォーム)について

若年世代の転入と定住の促進や、高齢者やその家族が安心して暮らせる環境をつくるために「三世代家族・定住促進住宅取得補助金」と「三世代家族・定住促進住宅リフォーム補助金」を交付します。
枚方市外に居住する若年世帯と、枚方市内に居住するその親の世帯が同居や近居するために住宅を取得した場合や、同居するために住宅をリフォームした場合にかかった費用を補助する制度です。 (最大30万円)

詳しくは枚方市のホームページをご確認ください。

岬町 中古住宅補助制度

岬町では、定住人口の増加を図り、活力あるまちづくりを推進するため、平成30年1月1日から平成32年3月31日までの間に町内に定住する目的で中古住宅を購入した方に補助金を交付します。※申し込みには要件があります。
(補助金額)
5万円に次の額を加算した額とします。
・補助対象者が町外在住者又は義務教育終了前の者を扶養している場合・・・3万円

詳しくは岬町のホームページをご確認ください。

泉佐野市 住宅総合助成事業

個人が、泉佐野市内で住宅を建て替える場合や、新築住宅を購入する場合、また、「泉佐野市空き家バンク」に登録された中古住宅を購入または賃借する場合に、その住宅にかかる登記費用や引越費用を助成する制度です。

助成内容

登記費用

1. 助成対象住宅の所有権保存登記または所有権移転登記に要した費用(平成30年5月1日以降の契約分から表示登記費用も含む)

(1. 2. 合計)

最大200,000円

2. 助成対象住宅の抵当権設定登記(住宅ローン)に要した費用
引越費用

市外から転入する2名以上の家族世帯

最大100,000円

上記以外(市内での転居・単身世帯等)

最大 50,000円

取得費用 平成30年5月1日以降の契約分から、新たな町会加入を条件として住宅取得費用(土地、建物)の1%を泉佐野ポイントで付与 泉佐野ポイントカードに地域ポイントを付与

最大300,000P

★上記助成を受ける方を対象に、連携金融機関において住宅ローンの金利引き下げ制度等あり

詳しくは泉佐野市のホームページをご確認ください。

TOP