株式会社 技研インスペクション

ホームインスペクション(住宅検査)とは

皆様は「ホームインスペクション」や「建物状況調査」についてご存知ですか?
宅建協会等が実施した消費者アンケートでは、「知らない」または「言葉は聞いたことがあるが、内容は詳しく知らない」という方が多いとの結果が出ています。
当ページへお越しになられた皆様は不動産の売買や自宅のリノベーションを検討されており、初めて「ホームインスペクション」という言葉を知り、お調べになられている方だと思います。
そもそも「ホームインスペクション」とは何なのでしょうか?
なんとなく言葉のイメージから想像はできますが「よく知らない・よく分からない」という方が多いようです。
ここでは「ホームインスペクション」について理解していただきやすいように、一般的な不動産売買時の場合を想定し説明いたします。
このページをお読みになった後、なるほど役に立ったと思っていただければ幸いです。

ホームインスペクション(住宅検査)とは?

ホームインスペクションとは建築士などの専門家が住宅の欠陥や劣化、補修が必要な箇所があるかを確認する住宅診断サービスです。
ホームインスペクターと呼ばれるプロが調査することにより、建物がどのような状態であるかを把握することができます。
海外では当たり前となっているホームインスペクションですが、日本では普及していません。

しかし、近年ではホームインスペクションを利用してから住宅の購入を検討される方が増えるようになってきました。
実際、住宅の売却を検討している方も住宅の状態を知ってから市場へ売り出すことが出来るとあって、利用される方が増えています。

2018年4月から宅建業法の改正により売買時の既存住宅状況調査(建物状況調査)結果の告知義務が始まりました。

従前のホームインスペクションは建築士以外でも可能でしたが、既存住宅状況調査では建築士かつ既存住宅状況調査講習を受講しており、建築士事務所に所属している建築士しか業務をおこなうことができないようになっています。

ホームインスペクションと第三者性 >

TOP